ボストン留学記


ケネディスクール留学を終えた筆者が新しい挑戦を始めます。
by shinya_fujimura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

震災対応: 西郷さんならどうしたろう?

ふとしたことがきっかけで、西郷隆盛と西南戦争について考える機会があった。

維新の志士として日本の改革に貢献した西郷隆盛は、皆さんご存じのとおり、征韓論を主張。大久保利通ほか、欧米を自らの目で直に見てきた明治政府の要人たちは、富国強兵を主張し、征韓論に反対した。西郷隆盛はついに、不平を持った士族の味方をして明治政府に対して戦争を起こす。それが西南戦争だ。

西郷隆盛のような葛藤を、私はこんな言葉で表現してみたい。

政の「理」 と 民の「情」

明治政府の方針とそれに不満を持った士族。そして士族を束ねた西郷。
それはまさに、政府の「理」と民衆(士族)の「情」の対立下での葛藤ではなかっただろうか。

実は私たちも、同じ状況に直面している。それは、

除染だ。

除染を1ミリシーベルト/年以上の土地すべての施すという案は、科学的・合理的に考えれば、効果が定かではない。医学的には、100ミリシーベルト以上の場合しか統計的証拠がないとされているからだ。しかも100兆円規模のお金がかかるとの試算もある。政府の「理」で考えれば、現状の策は不合理に見える。

しかし一方で誰だって「ふるさとに帰りたい」はずだ。私だって、故郷の松山がこのような状況になったとしたら、効果など考えずに、手当たり次第元の状態に戻したいと思うだろう。それが一市民の「情」というもんだ。それは「理」から導かれるものではないのではないか。

私は福島に行ってみることにした。
除染ボランティアに参加する。
東京にいると「理」がちになる自分を、もう一度揺さぶってみよう。
[PR]

# by shinya_fujimura | 2011-10-14 12:02 | 多事奏論