ボストン留学記


ケネディスクール留学を終えた筆者が新しい挑戦を始めます。
by shinya_fujimura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第140号 ホリエモンの学歴は高卒?

というブログを読んだ。

なるほど、堀江さんは東大中退だから、最終学歴は高卒だ。でも東大に「入学」したから、堀江さんは「高学歴」だと多くの人が思っている。しかしそのブログの筆者はこう指摘する。本当の「高学歴」とは、楽天の三木谷さんのように、ハーバード・ビジネススクールで修士号を取得しているような人のことを言うのだろう。


これだけだと、「まあそうかなあ」というくらいのものなのだけれど、そのブログがおもしろかったのは、ここから。
要は、日本人のいう「学歴」とは、大学入試の結果でしかないということだ

言われてみれば、そのとおり。
一度東大に入ってしまえば、どんなに留年しても、どんなに悪い成績で卒業しても、「東大卒」として「高学歴」と言われる。だって、中退してもそう言われるんだから。ところが、東大に入ったくらいで得られる知識など、イノベーションを起こす上ではたいして役に立たないだろう。(もちろん大前提として必要とは言いうるから、まったく役に立たないとは言えない)

かたや世界はどうか。修士号に飽き足らず、博士号を取った人材が「高学歴」と言われ称賛される博士号を取ったら就職先が限られてしまう日本とは大違いだ本来、イノベーションを担うのは、それぐらいの「高学歴」をもった人たちなのではないかという気もする

博士号取得者、あるいはポスドク経験者の就職というのはまだまだ課題が多い。だったら自分で始めちゃえば?なんて気軽なことは言えないけれど、埋もれている人材が多いのは確かかもしれない。
[PR]

by shinya_fujimura | 2010-08-30 14:44 | 多事奏論
<< 第141号 「効率」は悪か? 第139号 脱・受験英語② ~... >>