ボストン留学記


ケネディスクール留学を終えた筆者が新しい挑戦を始めます。
by shinya_fujimura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

あなたにとって、「仕事」とは何ですか?

こんな問いを、高校生、大学生くらいのときに突きつめて考えてみるべきなのかもしれない。

大学3年生の就職活動が始まる。

日本の場合、筆記試験を課しているところも多い。そしてその筆記試験が案外難しく、それで足切りされることもある。当然ながら、足切りされたらその後の面接には進めない。

それはショックなことだ。

受験戦争を勝ち抜いた人であればあるほど、それはショックなことかもしれない。
仮にそれが第一志望の会社だったとする。

たった一度のことで

そう思うかもしれない。面接だって同じだ。

そもそも「仕事」って何なんだろう?
「仕事に就く」ってどういうことなんだろう?
何のために「仕事」するのか?

その熱い思いを、就活にもぶつけてほしい。
努力してほしい。全力を尽くしてほしい。
失敗したときは泣いてほしい。
成功したときは思いっきり笑ってほしい。

「仕事」にはそれだけの価値がある。

大学3年生の皆さん、これから数十年、あなたは「仕事」と付き合っていきます。
その歩みが始まる前に
立ち止って
「仕事」について考えてみることをお薦めします。
[PR]

by shinya_fujimura | 2011-10-13 14:08 | 人づくり試論
<< 震災対応: 西郷さんならどうし... コーチングは万能か? その1 >>