ボストン留学記


ケネディスクール留学を終えた筆者が新しい挑戦を始めます。
by shinya_fujimura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

なぜ、日本企業はアフリカに進出しないのか?~素人的・一般的つぶやき~

ひょんなことから、アフリカ関係のビジネスを調べることになりました。
と言っても、自分がアフリカに行ってビジネスをするわけではありません
自分はアフリカについて詳しいわけでもないし、行ったこともありません。
なので、以下の文章はただの素人の感想と思って読んで頂きたいと思います。

最近よく耳にするのは、欧州企業はもとより、中国企業や韓国企業のアフリカ進出が目覚ましいということです。日本企業の名前は味の素や商社など、一部を除いてあまり聞こえてきません。そこで月並みですが、冒頭にあげたような、なぜ日本企業はアフリカに進出しないのか?という疑問がわいてきました。

そんなことを考えているうちに、ロンドンやボストンにいたときに感じたことを思い出しました。

そう言えば、イギリス人って、アジアよりもアフリカに興味あったような。
アメリカ人って、アジアよりもラテンアメリカに興味あったような


これはあくまで相対感です。日本人のアフリカに対する関心よりも、イギリス人のアフリカに対する関心の方が強い、また、日本人のアフリカに対する関心よりも、アメリカ人のラテンアメリカに対する関心の方が強い、そう感じました。

また、イギリス人のアフリカに対する関心、アメリカ人のラテンアメリカに対する関心の度合いは、日本人のアジア(特に東~東南アジア)に対する関心の度合いと似ているのではないだろうか、そんな気がしていました。

まとめると、物理的距離と心理的距離は比例する ということです。

では、もし物理的距離を乗り越えて心理的距離を縮めるものがあるとすれば、どんな要因が挙げられるでしょう。

一つはニーズ。現実的要請に基づいて興味・関心を持たざるを得ないケース。

日本企業にニーズはないのでしょうか。
もちろん、中国やインドといった身近な大市場がまだまだ未開拓だからという理由はありそうです。
アフリカは50以上の国がある上に、大陸全体でも人口は10億人弱。
なかなかニーズも感じにくいのかもしれません。

もう一つはフロンティア・スピリット

常に新しい市場を開拓し続けるという企業カルチャー。
現在の中国企業や韓国企業は、これかもしれません。

そして必要条件として、余裕

やはり経済的余裕がなければ、すぐに結果が出るかもわからない場所に投資はできないでしょう。サムスンは好例かもしれません。好業績が新しい挑戦を後押ししている面もありそうです。

でも余裕はあくまで必要条件。余裕があったからといって取り組むとも限りません。そうすると、差し迫った現実的要請がないときには、

アフリカは最後のフロンティア

かもしれない、そう考えると、自分もフロンティア・スピリットを持って取り組もうという気になってきました。がんばります!
[PR]

by shinya_fujimura | 2011-06-30 10:04 | 多事奏論
<< 飯舘村長の話を聞く ~J・Iフ... 日本はグローバルエリートを輩出... >>